ドテラのオイルは、石油製品を溶かすのか?

エッセンシャルオイルには、体の中の重金属や不要なものを排出させる働きがあることをよく聞きます。

ほんとかしら?

ペパーミントなどが瞼に付いてしまうと、とてもヒリヒリするので、そんな時は水で拭かずにキャリアオイルなどで拭き取りますよね。

そのように、油で油を溶かすことは普通にあるわけで、

また、食養の世界では、眼病などに、ごま油を点眼して治療する方法も示されています。

これも、油で体の中の脂を溶かす作用を利用しているわけですね。

さらには、

オイルの使用法の一つとして、水にレモンのオイルを入れて、その中に野菜を漬けておくと、農薬を取り除く(浮かせる)ことができるとも聞いたことがあります。

この前、来日された、ボイドさんのスパインセラピーのセミナーでも、ボイドさんはレモンとゼンドクライン テラザイムをデトックス(排毒)に勧めておられました。

それじゃ、どの程度、溶かすことができるのでしょうか?

体の中の脂がどのように溶けるのかは確認できないので、身近なものが溶けるかどうか試してみたいと思います。

そういうことで、

発砲スチロールに、オイルを垂らしてみましたよ。 

どうなったかいうと・・・・

穴がポコポコ(笑)

オイルを垂らして、6時間後の様子です
    ↓
ドテラオイルと発砲スチロール

かなり溶けていますね。

右下のワイルドオレンジが、一番溶けているようですが、
勢いで2滴垂れてしまったので、よく溶けています。

レモンが一番溶けそうなのですが、実は、レモンは1滴だけ垂れたんです。
他のオイルは、2滴なので、その違いだと思います。

ペパーミントは、ほとんど溶けていません。
フランキンセンスも少し溶けるんですね。
びっくり。

ちなみに・・・・
ドテラ社以外のオイルでも、溶けるみたいですよ。

さらに、
実は、その溶けるスピードがすごいんです。 

オイルを垂らすとみるみるうちにとけてゆくんですよ。

こちらの動画を、どうぞ
  ↓

この動画は、

「ドテラのエッセンシャルオイルが発泡スチロールを溶かした」
という事実を表しているだけで、
それ以上でも以下でもありません。

この事実より、「体の中の脂や重金属をも溶かしてくれるのだ・・・」 
ということにはならので、ご注意くださいね。

「発泡スチロールが溶けた」ということです。
くれぐれも早合点しないでくださいね。

ですので、

石油製品は溶かすようですので、ペットボトルのミネラルウォーターなどに、レモンを垂らして持ち歩くことはやめた方がいいですね。

また、化繊の洋服などについた時も、早めにココナツオイルなどで希釈したほうがいいですね。

かつて、

ドテラのセミナーを受けた時に「油で油を溶かす」という記事で、ペットボトルにレモン水を入
れて飲んでいたことを反省しております。

ちなみに、

レモン、オレンジのオイルは、食品添加物として日本国内で許可されていますので、直接飲むことができます。

日々の飲み物として取り入れると良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました