ドテラのポイント交換方法、注意点など

ドテラのポイント交換方法

ドテラで貯まったポイントは、購入時にポイントでの購入を指示することで交換することができます。

ドテラにはお得意様が得するシステムが準備されていて、毎月購入する方にはポイントが貯まって、その貯まったポイントを使って商品と交換できるシステムがあるんです。

毎月使い続けている方にはとてもお得なシステムですので、ご紹介します。

ドテラのポイントとは

ドテラの製品にはそれぞれの製品にポイントがついていて、製品を購入すればポイントが貯まるようになっています。

ただし、誰でもポイントが貯まるわけではありません。

LRP(ロイヤルティリワード)とは

LRP(ロイヤルティリワード)とは、いわゆる定期購入のことです。

定期購入と言うと、勝手に商品が届くイメージですが、そうではなく購入する商品はいつでも自由に変えることができますし、配送日や配送先も自由に変更できます。

ただし、毎月一回は購入が必要になるということです。

ポイントが貯まる条件

ドテラ製品のポイントを貯めるには条件があります。

条件は以下の2点

  1. LRP(ロイヤルティリワード)を設定すること
  2. 最低50PV以上購入すること

毎月100PV以上購入することで、購入ポイントに応じたポイントが貯まってゆきます。

リワードポイント率

購入ポイントにポイント率を乗じたものがポイントとして付加されます。

ポイント率は、定期購入の継続月数によりアップしてゆきます。

1年以上継続して定期購入を続けると、毎月に購入ポイントの30%が貯まる仕組みとなっています。

ほんとに、お得意様を優遇するシステムになっています。

ただし、その月に購入が無い場合は、貯まったポイントはゼロクリアされるので、お休みされるときにはあらかじめポイントを交換されておかれることをおすすめします。

ポイントの有効期限

貯まったポイントは1年間有効です。

期日が過ぎたポイントは捨てられてゆきますので、定期的にポイント交換されることをおすすめします。

ポイント還元率の高いカードや商品

世間ではポイント還元に人気ですが、一般に出回っているカードや店舗の還元率を調べてみました。

西武・そごう 2%〜7%
PayPay 1.5%
ビックカメラ 10%
ヤマダ電機 10%
ヨドバシカメラ 10%
ベスト電器 10%
マツモトキヨシ 1%
Tカード 0.5%、1%
nanaco 1%
Pontaカード 0.5%、1%
楽天カード 通常1.0%
JCBカード 通常1.0%
ドテラ 10%~30%

これらの一般的なカードや商品、店舗での還元率と比較すると、ドテラの30%還元というのがいかにすごいかがわかると思います。

ポイント交換の方法

ドテラのポイント交換方法は、商品購入時にポイントでの購入を指示することで可能となります。

通常注文でもLRPでの注文でも同様となります。

購入時の具体例

注文時のカートの画面に、「ポイント交換」という欄があります。
ここで、ポイント交換する商品の個数を指示します。

ポイント交換できない商品の場合は、「残高不足」と表示されます。

ポイント交換できない商品

「限定商品」や「アクセサリー」は、基本的にポイント交換ができません。

ドテラの製品一覧表の中で右端の「交換」と書かれている欄が、交換に必要なポイント数です。

ポイント交換時の注意点

交換ポイントは、購入時のポイントと全く同じではないので、等価に交換できない製品もあります。

ポイント交換のほうが割高になるものもあります。

また、交換手数料と送料が発生します。

  • 購入ポイントと同じではない
  • 交換手数料(300円)が発生します
  • 送料(600円)が必要です

まとめ

LRP(ロイヤリティリワードプログラム)は、お得意様を優遇するシステムですので、毎月購入される方はぜひご利用ください。

5ヶ月に一度は購入費用が無料になる感じですよ。

ぜひご利用くださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました