ドテラでネット集客の経緯

かれこれ10年前にドテラに登録して、それ以降、主にインターネットでドテラメンバーの集客とドテラ製品の販売をしています。

リアルでのチーム作りも平行して行っていたのですが、最近は「リアルチーム作り」により力を入れて「ネット集客」との融合を目指して活動をしています。

なぜなら、

ドテラはチーム編成が比較的自由にできるビジネスプランですので、ネット集客して、その後リアルでのチーム作りすることがMLMのチーム作りには最強ではないかと思っているからです。

そんなことを、少しお話してみたいと思います。

最初は物販から始めました

最初は、インターネットでドテラの商品を売ることができるということで物販から入ったんです。

物販を積極的にやって、チーム作りを後回しにしていたのは理由があります。

それは、髙木自身が人付き合いが苦手なのと、わざわざネットから会員登録されるような方も、お付き合いが嫌なんだろうなと思っていたからです。

ですので、高木からコンタクトすることは控えていたんです。

また、アフィリエイトをやっていたこともあって、ネットでの物販には自信があったんですよね。

そうやって、ほったらかしネット販売が始まったのです。

物販、集客はビジネスサイトを活用

どうやってネット販売していたかというと・・・

ドテラの商品は、オークションサイトや自社のサイトでは販売することはできないのですが、商品を販売する方法があるんですね。

それが、
ドテラのビジネスサイトを使う方法です。

ドテラのWA会員であれば、誰でも無料で所有することのできるビジネスサイトがあるのですが、そのビジネスサイトに見込み客を誘導することで販売ができるのです。

物販の場合、小売価格と卸価格の差の約33%が利益として入ってくるので、かなりうれしい報酬額なのです。

例えば、

フランキンセンスが1本売れたら5000円の利益(小売価格15000円、卸価格10000円)になるんですね。

そうやって、当時のSEOを駆使することで、これまでに延べ1200人近い人にご購入いただいています。

それから、

ビジネスサイトからは、販売だけでなく会員登録もしていただけるのですが、全く勧誘もしないのに、600人近くの方が会員登録していただいています。

購入だけされた会員さんが1200名、愛用者会員、正会員の方が600名

合わせて約1800名の方がインターネット経由でご縁をいただいているんです。

しかも、ほとんど勧誘はしておりません。

ほったらかしでは頭打ちに

1800名も会員さんがいたら、ランクも上位なんでしょうね?

って聞かれることもありますが、実はタイトルはまだ初心者。ペーペーなんですね。汗。

収入は多い月で約20万円というところです。

会員数の割に、なぜ収益が少ないかというと・・・・

それは、

ビジネス会員の方が少ないからなんですね。

せっかく会員になっていただいたのに、高木からはお声をかけていないので、それっきりになっているんです。

逆にいうと、

ほんと、ほったらかしで会員さんが増えていっている感じなのです。

そして、ありがたいことに、現在も毎月2,3名ペースで会員さんが増えています。

購入されるだけの方も含めると毎月10名程度はおられます。

ビジネスしてもらう方向にシフト

しかし、それでは収入も頭打ちだなと思い、3年前頃から、高木からお声をかけるスタイルに変更しつつあります。

このブログも、ビジネス志向の方むけに軌道修正を行っています。

以前はドテラの製品情報なども掲載していましたが、薬機法の関係もあって、アロマの効果効能などの記述は厳しく制限されており、自由に書けないんですよね。

ですので、

薬機法に神経使うような、エッセンシャルオイル関係の記事が少なくなっていて、ビジネス関係の記事が多いのは、そういう理由もあるんですね。

ドテラのネット集客、今は総力戦

そして、最近は「ドテラでネット集客してみませんか?」「ドテラでお仕事しませんか?」とネット募集をしています。

それこそ、3年前までであったら、狙ったキーワードで上位表示させるのは、それほど難しくなかったわけです(狙うキーワードにもよりますが・・・)。

なので、

ネット集客のSEOをお伝えし結果を出すのには自信があるので、皆さんと一緒にネット集客が楽しめると思ったのです。

SNSが必須に

しかし、最近は少し状況が変わってきているんですね・・・

それは、グーグルの進化と、SNSの多様化です。

グーグルのAIが進化して、それまでのSEOでは通用しにくくなったこと。

それと、情報の発信ツールが多様化して、検索もグーグルだけではなくなかったこと。

それらによって、ネット集客も大きく変わってきたということです。

これまでは、グーグルだけを対象にして、お客様へ有益な情報、良いコンテンツを書けば、上位表示できていた時代でした。

しかし、今はグーグル一強の時代は終わって、多種多様のSNSを使って情報発信して、自分のブランドを作り専門性、権威性を上げる必要があります。

様々なメディアを使って、あなたのドテラでの知名度を上げるブランド作りが必要になってきたのです。

信頼性と権威性を上げる工夫

今までは、どこの誰が書いた記事かはあまり関係なく、SEOがわかっていれば上位表示できていたのです。

しかし、今は「誰が書いたのか」「この記事は信頼できる情報なのか」が重要視されています。

例えば・・・・

  • ドテラの会員誌であるリーダーシップマガジンに顔写真と名前が掲載されている
  • ドテラの公式イベントのチラシ案内に名前が出ている
  • アロマ教室を開催していて告知ページがある
  • アロマの先生をしていて公的な市民教室サイトに名前が載っている
  • 本を出版していて、アマゾンにも名前が載ってる

そういう情報をグーグルは総合的に見て、この人が発信している情報は信頼性があるのかどうかを判断しているのです。

その人が発信している情報は信頼できるのか、その人に権威があるのかということを、その人の周辺のデータを元に判断しているようなのです。

ですので、

誰が書いたかわからないような記事は、いくら濃い内容でも上位には表示されにくくなっています。

だからこそ、信頼の積み重ねと、権威を上げることが、これからのネット集客のキモとなっています。

その信頼性って私にも上げることができるんですか?

はい、大丈夫です!

なぜなら、多くのドテラの情報発信者には専門性、権威性、信頼性がまだまだ少ないからです。

いち早くその専門性や権威性を味方につけた方が、ドテラでのネット集客で成功されるでしょう。

ご自分のブランドを作り上げてください。

ブランドを作っていく途中でも効果は上がってきます。、

一昔前と違って、上位表示させるには時間もかかるようになってきました。

急がば回れです。

やっとネット集客も健全な方向になってきたように思います。

ただ、昔のSEOが効かないわけではありません、

ネット集客意識のある方は、皆さん一定以上のSEO対策は行っておられます。

ですので、

これまでのSEO対策にプラスして、少し時間はかかりますが、地道な努力で専門性、権威性、信頼性を得る必要があるのです。

それには、様々なSNSを使っての情報発信。

今も昔も、ネット集客は仕組み作りが大変なのです。

しかし、いったん仕組みができれば、ほぼほったらかしでも集客できます。

ドテラのビジネスで、私たちはアロマの先生になるわけではありません。

ですので、スゴイ専門性が求められるわけではないのです。

専門性があることをキチンと見せることがポイントですね。

ですので、誰でも対応は可能です

SNSの基本的なアカウント設定から基本的な操作、ブログの作り方などなど、zoomを使ってお伝えしてゆければと思います。

ネット集客しませんか?

高木は、ネット集客に関心があって集まっていただきましたメンバさんにも、リアルでの活動もお勧めしています。

なぜなら、

ネット集客で集めたメンバーさんだけでは、末端のメンバーさんに、いつまでたっても収入が入いにくいからです。

幸いなことにドテラは、リクルートしたメンバーさんの配置が比較的自由にできるので、高木が集めたメンバーさんをあなたの下につけてゆきますが、それだけでは、すそ野が広がるほど手薄になってきます。

ドテラは、末端(最下層)のメンバーさんに、自分がリクルートしたメンバーさんを付けてあげることができるので、あなたが勧誘したメンバーさんを自分の下層に配置することで、早く盤石なチーム作りができるんですね。

※あなたがリクルートした会員さんは、あなたのチームの適切な場所につけてください。

そういうこともあって、高木のネット集客のメンバーさんにはリアルでの活動もお勧めしています。

もちろん、リアルな活動ができる方だけでけっこうです。

リアルな教育をすることで、ドテラ製品やビジネスプランの知識、ドテラ社やドテラの文化、チーム作りがよりよく理解できて、コミュニティー作りができるようになります。

そうすることが、崩れにくいチーム作りになると思っています。

あなたも、高木のネットビジネスメンバーになりませんか?

ネット集客の事、ドテラの製品、ビジネスプランなどをお伝えさせていただきます。

ご関心のある方はご連絡ください。

毎月125pv(14000円相当)の製品購入はお願いしていますが、それ以外の購入をすすめたり、ノルマや無理な作業の強要はありません。安心してくださいね。

まずはご連絡ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました