サラリーマンの方やOLさんなど、会社勤めの方にはなかなかご理解いただけないかもしれませんが、個人で事業を始めるということはなかなか難しいことなんですよね。

事業を起すには、自分の強み、顧客状況、サービス内容、事業の見通し、店舗であれば立地条件、初期投資、人件費などなど、いろんなことを考えて勝算を見極めての起業となるわけです。少なからぬリスクを負いながらの船出となります。

一方、ドテラで起業しようとする場合、年齢や性別など関係なく起業することが出来ます(年齢は20歳以上の制限あり)。
もちろんアロマの知識は必要ですが、資格や学歴なども関係ありません。
それに、初期投資がほとんど必要としないという利点があります。

ドテラのネットワークビジネスの特徴として、リスクを低くして起業しやすいことがあげられると思います。

MM

毎月100PV分の商品購入が出来ないわけ

とはいえ、ドテラでお仕事する場合には、毎月の支出が発生します。
ドテラでビジネスをする場合、毎月100PVの定期購入(LRP)が必須となっています。
この100PV分の製品を購入することで「報酬を受け取る権利」を得ることができるわけです。

しかしながら、
この毎月の100PV(約12000円)が出せないわ・・・
という方も多いようです。

でも、よく考えてみてくださいね。私たちは、エッセンシャルオイルを売っているのです。
手元に何も無いのに売るわけにはゆきません。
オイルを仕入れて、それを販売することがお仕事なのです。

少なくとも、何かを仕入れないと仕事にならないと思うのですよね。

権利料ではなく仕入れ代だという考え

毎月の12000円は、権利を得るための代金と考えるのではなく、商品代、仕入れ代だと考えるべきだと思います。
実際に商品を購入しているわけですしね。
それらはもちろん自分で消費しても良いわけですが、自分で消費しようとするからおかしくなるです。

最低12000円で商品を仕入れて、それを販売してもいいし、その仕入れたオイルやミネラル、化粧品を元にサンプルとして小分けして多くの人に分かち合って広めてゆくために使ってゆくわけです。
そう考えると、多分1万円程度の仕入れでは足りなくなるんですよ。

そういう意味では、毎月100PVのLRPが組めない、余ってしょうがないということは、お仕事をしていないということになるかと思います。

早くペイするために

・・・とはいえ、お仕事ですから、少額ながらも損益分岐点は考えてゆきたいもの。

12000円で仕入れたのであれば、それを上回る収益を早く得たいですよね。

そのためには、もちろんがむしゃらに声をかけることも必要ですが、どうすれば効率的に収益が上がってくるかを考える必要があります。
そのためには、ドテラのビジネスプランをよく勉強することです。

ビジネスプランの見方が分かれば、自分の組織をどのように作ってゆけばいいかがわかるので、早く収益が上がってくるようになります。

ビジネスプランの教育はドテラ社でも行っていますが、高木のチームの皆さんには個別にレクチャーしていますよ。
ぜひ一緒にお仕事しましょう。